レッスン動画配信

【トライバルフュージョンベリーダンス レッスン動画配信を5/15 (金) 20:00 (日本時間)よりスタートします!】

https://vimeo.com/ondemand/mbbasic

https://vimeo.com/ondemand/mbcombo

 

プロとして活動し始めてからダンサーという職業がなくなることはないと思っていましたが、このような状況でも仕事ができるのは、本当に幸運だと感じています。

以前から遠方でWSを教えると、レッスンを続けて受けられたらと話してくれる方も多く、実際に連絡してくれる方もいて、アーティストとしてサポートしてくださる皆様に、本当にいつも感謝しています🙏 ありがとうございます☺️

そこで、ずっとやりたいと思っていたことの1つを、この機会に始めることにしました🌱

遠くに住んでいても、コロナでレッスンがなくても、みなさんの自分の好きな時間に好きなだけ受講できるように、Vimeoオンデマンドでレッスン動画を配信していきます!

Instagramのストーリーでアンケートを行ったところ、ライブ配信よりも動画配信を希望する方がとても多く、私も自分のペースでレッスン作成できるメリットはあるものの、正直ライブレッスンよりも準備は大変でした😂

 

 

日本語や英語など多言語に対応していることを第一条件にプラットフォームを何日も調べて比較し、

将来音楽の著作権に引っかかってせっかく作った動画が消えてしまうのが嫌なのでドリル用の音楽作りをし(いずれは著作権フリーのも使います)、

レッスン内容を考えて踊りを作り、一人でカメラとマイクを設置し、

足が見えなくて撮り直し、

言い間違えて撮り直し、

マイクの電源がついてなくて撮り直し、

容量いっぱいで途中で切れたから撮り直し、

自分で動画の編集もしてできた!と思って最終確認でフルスクリーンで見たらTシャツの汗染みがひどすぎて撮り直したり(笑)、

もう本当にひたすら時間がかかってしまいました🙃

 

でも慣れてきたので、今後はスムーズに動画配信していけるはず🙆‍♀️

現在は【基礎/基本】と【コンビネーション】シリーズに分けていて、新しい動画を今後は追加していきます。片方だけ登録するもよし、両方受けるのもよし!✨

本当に全てワンマンで、マイクのガサガサ音がなるべく軽減できるように編集はしていますが、まだ音するのでその辺は大目に見てね🙇‍♀️ 予告編のナレーションがしょぼすぎるのも、大目に見てね🙇‍♀️

++++++++

♦️オンラインレッスン開講記念に、初月無料キャンペーンをします!♦️

1. FacebookまたはInstagramにMichelleが投稿しているものをシェア(FBならMichelle Bettridge(ダンサーページ)をタグ付けしてね、個人のじゃないよ。Instagramは @michelle.bett)

2. クーポン欲しい方は、シェアしたよと一言メッセージしてください

3. メッセージにてクーポンコードをお伝えします(両方のシリーズに使えます)

4. Vimeoへ会員登録後、配信開始してからクーポンを入力してください

※月額制サブスクリプションは自動更新なので、更新を希望されない方は早めに解除してください。更新日はシリーズのページ、または自分のアカウントのロゴをクリックして購入履歴より確認できます。1ヶ月後に払ってしまっても私から返すことはできませんので、ご自分で設定をしっかり確認しておいてください。でも!続けてもらえるように楽しいコンテンツを頑張って作っていくので、ぜひ続けてくれたら嬉しいです☺️

クーポン配布の期限とかは特に決めていないのですが、とりあえずそれぞれのシリーズで100人ずつ使えるように設定しているので、足りるでしょう👌

シェアしてくれたら、とても嬉しいです😊❤️

よろしくお願いします!

トライバルという呼び方

「トライバル」という言葉の使用について、何年も前から問題視する声が上がっていて、ここ数ヶ月で ITS (Improvisational Tribal Style → Improvisational Team Synchronization) と ATS (American Tribal Style → FatChanceBellyDance Style) へと名前を変えました。

主な理由は、「トライバル(トライブ/部族)」の一員であるという意味は、世界で少数民族の人たちが差別や集団殺害を乗り越えてきた辛い歴史があることであり、それらを経験したことのない人種の人がその単語を安易に使っていけないという考えの人が声をあげたから。(詳しく読みたい人はDonna Mejiaの記事を探してみてね。たくさん調べたり読んだりしたのを完結にまとめたので、それ以外にも細かい理由はあります)

確かに歴史はそうかもしれない。言葉一つで嫌な思いをする人がいるから問題になってるのも分かるし、踊っている全世界のダンサーがハッピーでいてほしいと思う。きっと英語圏で「ATSやトライバルフュージョン踊ってます」と言って、どこの部族の踊り?、アメリカのトライブってどこのこと?や、変な顔されたり、批判されたりしたことも、多々あったんだと思う。

様々な文化からの要素を取り入れたこの踊りは、同じ宗教や共同生活はしていないけれど、ある意味同じ踊りの言語を使い、世界中どこへ行っても仲間が見つけられる。正しい言葉の意味では使っていないけれど、長年そう区別されてきて、今では独自の意味合いを持っていると思う。特に日本語は便利で、外来語をそのままカタカナで使用できる。そんな英語圏外の人たちは、「トライバル」という言葉を、「フュージョン」と繋げることで、新しい意味として捉え、この踊りを示す新しい単語として使用してきたと思う。

 

ITSとATSは名前をもう変えました。私はそれについては、踊りを作った創立者が名前を変更するのは自由だと思うし、たくさんの人をハッピーにさせるために、自分が長年親しんできた名前を変更するのは、本当に辛いだろうし、苦渋の決断だったと思う。

私はATSは以前やっていてそれをベースに持っているけれど、メインでは現在踊ってはいないので、直接的にレッスンなどへの大きな影響はないんだけれど、、

(でも今後新しい名前のファットチャンスベリーダンススタイルの説明を求められた時、英語の熟語で、あり得ない、見込みはない、などの意味で、名前がついたエピソードは…と話すのは正直大変そう。時間があればもちろん話すけれどね!でも毎回そうではない。「ファット」も「チャンス」も誰でも知ってる英単語。熟語を知っている人でも、理由知らないと不思議なネーミングに思うだろう。世界中の英語圏外のダンサーは、この変化にとても困惑している。中国語とかなんて訳すんだろう…。あとは英語圏外の踊りを知らない人が直訳しないか心配。)

、、ATSから派生した、大きな枠組の「トライバルフュージョン」というジャンルの人たちはどうなるのか…。これは設立者も特にいないし、(強いていうなら始めたのはジルパーカーやレイチェルブライスだけれど、世界中のダンサーを取りまとめているわけではない)、みんな独自のスタイルを取り入れて踊っている。

ただのフュージョンベリーダンス?ATSやトライバルの基礎となる踊りを勉強した人も、オリエンタルベースのフュージョンも全て一緒?もちろんどちらも素敵だし、色々な人が独自のスタイルで踊っているのは大好きなんだけど、ベースの違いが分かる人にとってはちょっとざっくりしすぎてような気もする。トライバルフュージョンベリーダンスと、フュージョンベリーダンスを分けて考えていた脳みそには、まだついていけない。

それに、フュージョンベリーダンスと言ったところで、私は何か二つの踊りを融合しているわけではないのももう1つの理由。例えば、フラメンコとベリーダンスを融合して踊っています、とかならまだ分かる。でも私の場合はATSやトライバルの基礎をベースに踊っていて、他の踊りはほとんど習ったことがないのです。インスピレーションは色々なところから受けるけれど!なのでフュージョンベリーダンスという呼び名は、今の私には納得できる呼び方ではない。

 

言葉も文化も必ず変化、発展していくもので、特に言葉は元々の意味から派生されて新しい意味をもった言葉もどんどん出てきていると思う。時代とはそういうことなのだと思う。

そもそも「ベリーダンス」という言葉もフランスで初めて踊りをみた記者が「『お腹の踊り』だ!(+ネガティブな批評)」の偏見から名付けられたものと言われているのに、ここまで広まってきたTFをダメと言い始めたら、どこまで遡るのか。言葉は物事を区別するためにあり、「踊り」と一言でいうとバレエなのか当時ヨーロッパで流行っていた踊りのことなのかも分からないし、ベリーダンスという言葉で表現する必要があった。そして、アメリカ人が独自のスタイルを入れたものにまた新しい区別するための言葉が必要で、トライバルフュージョンベリーダンスという呼び名が作られた。新しい名前を受け入れて進んでいくことはできなかったのか…。それとも変更することが正解で、前進しているのか…。

 

元々トライバルフュージョンやATSはアフリカやアジアの様々な装飾を衣装につけて踊る、その独特のアンティークな雰囲気が好きでこの踊りが好きになった私にしてみれば、その文化出身じゃないと他文化のジュエリーを使うのも駄目と言われてしまいそうな未来が悲しい。クチアクセサリー、アシュート生地、タッセル、見た目が美しくて大事に使ってきたのに…。近代のものしか身に纏っちゃいけなく、音楽も現代のもので他文化のものは使ってはいけないとか言われ始めたら、本当に悲しい。(ちなみに私は日本とアメリカのハーフだけど見た目が白人よりなので、和フュージョンベリーダンス踊って批判されたことがある。自分の文化とは、血なのか、見た目なのか、生まれ育ったところなのか…他文化を好きになってはいけないのか。そもそもその批判してきた方は、日本人がベリーダンス踊っているのは楽しそうに見てましたけど…自分の文化じゃなければいいんかい笑)

踊りに言葉は必要ないから好きなんだけれど、これでまた一つアートに制限がかかって、深い溝が作られてしまったような気もしてしまう。

 

まだまだこれについてはたくさん考えていくけれど、活動していくにあたって決める必要があると思い、自分の師匠とも話をして、日本で活動している私はまだ自分のことをトライバルフュージョンベリーダンサーと名乗ろうと思っています。他に納得できる呼び方を見つけ、名前を変えることに納得ができるまで。

日本には先輩ダンサーたちがたくさんいるし、私のこのブログがどのくらいの影響力があるかは分からない。でも、自分の言葉には責任を持ちたいし、柔軟に違う意見も聞きたいし、いずれは呼び方を変える決断をするかもしれない。そんな中で今思っていることを書いてみました。少しでも世界の状況把握と、あなたはどうしたいかを考えられるように。

 

これを機にレッスン名やグループの名前を変更するダンサーのことも、しないダンサーのことも、私は尊重します。

これをきっかけに、トライバルフュージョンベリーダンスから離れたり、踊るのをやめたりは、しないでください!

私の大好きな踊り。

まだまだ発展させて、広めていきたい。

 

Many of the discussions online are in English, and I believe many Japanese Tribal Fusion Bellydancers are confused, so I have decided to write in Japanese to explain the situation that I know of and my thoughts on this.

I respect any of your choices of change in the name of your dance style, but for now, I’ll continue calling myself a Tribal Fusion Bellydancer, because that makes more sense to me in my culture and country. But I wouldn’t mind if you call me a Fusion Bellydancer or just a Bellydancer or even a Dancer for your country ( :

特別クラス

元々私はベリーダンスの先生になるつもりはなく、趣味でベリーを踊っていました。楽しくて仕方がなくて。ある時、来日したダンサーのワークショップを受けていた時に、参加者の何人かの方に教えてほしいと言われ、セミプライベートレッスンを始めたのが最初の教えるきっかけでした。その後ショーにも少しずつ出るようになり、終演後、観にきていた観客の方にレッスンやっていませんかと聞かれ、毎回 曜日や時間の違うレッスンの詳細を伝えるのが大変になったので、レギュラーレッスンを開講することにしました。

私にとってそれは転機でもあり、新しいチャレンジ。東京には素晴らしい先生が何人もいるので私には教える必要はないと、ついこの間まで思っていました。(でもこれを言うと来てくれる生徒さんが悲しい顔するので言うのを控えていた…正直者でごめんね、みんな笑)。

毎週習い事に通うというのは時間もお金もかかることだし、自宅でも練習する時間を作れる人も、どちらも本当にすごいと思う。そんな生徒さんたちが発表する場が欲しいなと思い、2017年、2018年の秋にハフラ、発表会の場を設けてきました。そして、今年もやります!

2019/11/30 (土) 午後!

人数も増えてきたので、2年間お世話になった大好きなMNBさんのところではまた違う機会に場所をお借りするとして…今年は新しい場所で行います。高田馬場にある音部屋スクエアさんです。

IMG_0095.jpg

(初のライブハウス!ピアノなどは当日移動してフルスペースで踊れるようにします)

毎年通り、パーティー的にしたいので、軽食も用意する予定です。

 

そして今年は更に新しいことにチャレンジしたく、特別パフォーマンスクラスを2つ開催することにしました!一つはお昼(初級)、一つは夜(入門)です。2時間x6回で踊り、フォーメーション、衣装を完成させます。

Vintage Tribal Fusion

Intro to Tribal Fusion

冬から開催していたお昼クラスより一つ演目を作りたいなーと思っていたのと、まだトライバルフュージョン始めたばかりだけれど人前で踊りたい!という方向けの入門クラスです。どちらも今からとーても楽しみで、どうなるかなーと今から想像を膨らませています。

私は基本ハッピー人間なので、参加する方にもそのマインドになってもらいます。オリエンテーションの時に話しますが、目標は明確に、ポジティブに、困ったら助け合う。超シンプル!参加条件や金額などはウェブサイトに載っていますので、そちらをご覧ください:www.michellebett.com/workshop

明後日、13日(月)18:00より受付開始となります!

何か質問などあれば、遠慮なくメールやメッセージくださいね:contact@michellebett.com

音楽の探し方

怒涛のGWが終わりました!ショー3つも出演する機会があり、それぞれ場所やお客さんに合わせた演目を選んで踊りました。

レストランショーでは久しぶりのソロのロングセット。5曲+1曲ディスコタイム(お客さんを誘ってみんなで踊る)で今回踊りました。ベリーダンサーだと当たり前なロングセットですが、トライバルフュージョンを踊る私は正直慣れていないので、いつものゴリゴリな曲を最後の方に持ってきましたが、なんとか終えられた!という感じでした。笑 その日までに音楽決めたらいいというのも、気分や気持ちが変わってしまうダンサーにとってやりやすいのです。15分間ノリノリで見てくれた男の子がいて、本当に踊りやすかった!子供は純粋でいいなぁ。次の機会がもしあれば、また頑張ります!

IMG_4858

(衣装は前日にブラとスカートx2を作りました。直前にやるのはオススメしません。ちなみにヘッドドレスとボディアクセサリーも自作です。)

5/3にはTidaさんの主催のハフラ2日目に生徒も引き連れて参加しました。水曜日クラスから結成されたEmerald Motion Dancers 6人、そして火曜日クラスのGarnet Motion Dancersは5人、私と一緒に群舞を踊ってくれました。エメラルドのはInstagramのストーリーにタイムリーに載せましたが、みんなからすごい反響!アメリカの師匠からも絵文字(だったかな)がきて、嬉しかった!

IMG_0022

ガーネットとのは最初に私のソロ、その後みんなが入ってくる演目を。いつもフォーメーションチェンジやカノンをたくさん使うのが好きな私ですが、今回はその真逆をやってみたく、みんなでどこまで揃えられるかを目標に作り、練習しました。最初の集まっている部分がぐねぐね気持ち悪く(褒め言葉)、特にお気に入り。11人とも一生懸命頑張ってくれました!お疲れ様でした。動画もインスタアカウント持ってない方もいるので、いずれYouTubeに載せる予定ですが、以下にリンク貼っておきます。見てね。

View this post on Instagram

Michelle + Garnet Motion Dancers

A post shared by Michelle Bettridge (@michelle.bett) on

5/5にはマイホーム、Silkroad Cafeにて、ソロを2演目。一つは今年発表された曲で、お気に入りすぎでたくさん聞いた曲。一回しか踊らないだろうな〜と思っていたのですが、本番中音源トラブルがあったので、もしかしたら、もしかしたら、再チャレンジするかも? 2曲目は現在中級クラスで教えている途中の振り付けを踊りました。振り付けって難しい!みんなほんとよく覚えられるなぁ。すごい。

IMG_0034


 

「曲ってどうやって決めますか?」「どうやって探しますか?」とたまに聞かれますが、

  • iTunes
  • Soundcloud
  • お店や誰かの踊っていた演目をShazam(音楽をそのままマイクで拾って検索できるiPhoneのアプリ)

が多いです。

iTunesとSoundcloudは一つ好きな曲を見つけるとその関連音楽、似ている音楽であなたこれも好きじゃない?とオススメを教えてくれるので、その辺りも片っ端から聞きます。

私はせっかちなので、基本的には曲の始まりでぱっとこなければ30秒くらい飛ばして聴いて、それでもぱっとこなければすぐ次の曲を聞きます。だいたい30秒でどんな展開になったか、もしくはサビに入ることが多いので。

あとは、気持ちがハッピーな時期はダークな曲を踊ることが多く、暗い気持ちが続くときはあまり暗すぎない曲を選ぶことが多いです。逆を踊ってバランスを取るのかな…。暗い気持ちの時に暗い音楽は苦痛なのかもしれない。笑


 

そして今月の水曜日夜は毎回新しい音楽と踊りをやっていきます。この機会に気軽にドロップインで参加してください!

5/1, 8, 15, 22, 29 水曜日 初級クラス

19:30〜基礎

20:30〜 新!コンビネーション

体験レッスン:1コマ2,000円、2コマ連続4,000円

チケットや詳細についてはこちらをご覧ください → www.michellebett.com/class

 


 

今月は24日に、師匠Joeが毎年呼んでいるSonia Ochoaのショーに、久しぶりに先生のトゥループ、Deseos Dance Crewの一員として踊ります!先日振り付けをもらいましたが…やはりこの人は天才的に引き出しが多すぎて、ほんと毎回度肝を抜かれます。たくさん練習しないとついていけないので、頑張ります!是非見にきてほしい、Joeの脳内を!もちろん他のダンサーも素晴らしい方達ばかりです!楽しみ!

55480212_2128587633903464_9126619660765102080_n

6/1(土)は去年も呼んでいただいた、Japan Bellydance Festivalのオープニング Galaショーに出演します!シルクロードで好評だった振付を大舞台で踊りますので、応援きてください〜!

festival_omote_190424festival_ura_190424



 

チャンスを作る

先週告知したTribal Box 2 ミニハフラは出演者枠が満員となりました!ありがとうございます。ゆるいイベントなので、もしどうしても!という方いれば全然OKです。自分は踊らないので、100%裏方に徹することができるので、とても楽しみなイベント!

なぜこのイベントを開催するかというと、エジプシャンやターキッシュスタイルのベリーダンス(日本ではオリエンタルとまとめて言うことが多いですね)を習っている方はレストランで踊る機会が結構あります。トルコ料理屋さんとかたくさんありますからね。先生が生徒さんを引き連れて踊ることも多いと思います。

でも、トライバルフュージョンベリーダンスを習っている方は、トルコ料理屋さんで踊る機会が少ないです。そもそも料理とのジャンル(?)が違うし、先生やスタジオが長年踊ってきたレストランはその生徒さんが引き継ぐことが多いからです。また、TFは新しいジャンルなので、そこまで長い歴史がなく…。稀にTFが好きだったり、オールジャンルOKな店主さんもいたりするので、私も何度か踊ったことがあります。

レストランショーは選抜メンバーだったりもしますが、踊るチャンスの頻度が多いので、いいなーと思って!ソロで習っていることや次この曲で踊りたい!とTF習っている人はどうしたらいいんだろう?と考えていた時、アンタサリで昼間ハフラできるよ〜と教えてもらったのです。頻度はまだまだ少ないですが、できるときは開催していきたいなと思っています!チャンスを作る!

Tribal Box 2 Name


初級クラス 新! コンビネーション

最近嬉しいことに体験レッスンを希望してくださる方が多く、毎週わいわいレッスンしています。水曜日の初級クラスは振付だったので、途中参加してくれたり、前半の基礎クラスだけ受けていく人もいましたが、昨日で2ヶ月半やってきた振付が終わりました!

GWもレッスンあります!そして後半クラスは新しいコンビネーションをやっていく予定なので、今まで前半だけ通っていた方も、いつから参加できるかなと様子を見ていた方も、是非ご参加ください!レッスン/体験レッスン予約は下のフォームからどうぞ↓

 


 

GWは明日4月26日の赤坂 FUGAレストランショー、

5月3日(金)昼はTidaさん主催 吉祥寺 Star Pine’s Cafe Hafla(生徒も出るし、一緒にも出ます!)、

5月5日(日)は久しぶりに錦糸町 The SILKROADに 出演します!

全て違う音楽で踊る予定です!がんばろー!

そして5月24日は先生Joe主催のSonia Ochoaを招いたショーに、DDC(Deseos Dance Crew)の1人として出演します!久しぶりにみんなと一緒に踊れるの楽しみー!なんかすごい演目のようなのですが…ついていけるのか…?!頑張ります!

56523137_285297885715546_4487377531598536704_n.jpg56352665_272931460279541_1490926188032425984_n

55480212_2128587633903464_9126619660765102080_n.jpg

Spring 2019

お久しぶりです!2019年も、もう1/4終わり、平成が終わり、令和の時代が始まりますね。

去年は突っ走った一年だったので、今年の頭はダンス以外のことに集中する時間を作ることにしていました。新しいことを始め、それも楽しく良い刺激で、ダンスを控えていた分、良い影響を与えてくれそうだなーと思っています。

(今年も桜が見れて、日本人に生まれて幸せを感じられる)


今年もまたダンサーやミュージシャンや衣装屋さんとコラボをしたい一年でもあり、既にいくつか話が決まったり、決行中だったりするので、本当に楽しみ!誰かと作れる作品は、本当に楽しいし、良い勉強になります。

また、ここ2年間クラスを持って教えてきて、ぐんぐん成長してきている生徒が活躍できる場を増やしたいとも思って、また色々と企画も頑張りたいなと思っています!

4/13は去年から依頼を受けている、いつも素敵な衣装をオーダーメイドしてくれる atelier jun×junさん主催イベントのハフラ部門に、生徒2グループ出演しました。来る5/3のTidaさんのハフラにも2グループ出演するので、毎週レッスン後のリハ、みんな頑張ってくれています!楽しみです。

(4/13 ハフラ、ファッションショー、ショーの後!みんな素敵だったよ〜!)

この着ている衣装も、atelier jun×junさんへオーダーしたものです。漠然としたイメージを形にしてくれ、細かいところまで気を使って作ってくれる、素晴らしいデザイナーさんです!ありがとうございました!


私も企画を頑張ろうと、6/29(土)に次回で2回目となる、Tribal Box 2を開催します!

ソロのみのオープンハフラで、場所は同じく新宿 アンタサリ、お昼時に美味しいカレーを食べながらのイベントです。前回も10名のダンサーがパフォーマンスしてくれ、当日の順番はくじ引きで決めました(笑)。人前でソロを踊るのが初めての人や、小さいところで踊るのが慣れていない人もいましたが、みんなのびのびとアットホームな環境で踊ってくれました。お客さんもとっても(!)楽しんでくれ、また今回も楽しみです。

詳しくはこちらをご覧ください:https://www.michellebett.com/show


トライバルを踊っていると、オリエンタルダンサーが頻繁に踊るトルコ料理屋さんなどではあまり踊る機会がありません。ご縁あって踊ることもたまにありますが、ほとんどのレストランがオリエンタルダンサーを求めます(当たり前だけれど笑)。

ですが!今回珍しく赤坂にオープンしたレストラン、FUGA Diningにて踊らさせていただきます!Aliさんありがとうございます!

レストランショー、ましてはソロショーなんて久しぶりすぎて、なんの曲踊ろうか毎日迷っていますが、美味しいご飯食べに、Michelleが自由に踊っているところ見に来てください〜!ご予約は以下のフォームにてできます!


そして東京で主催する5/18の基礎&振付ワークショップが定員となりました!

1ヶ月先という急なスケジュールだったので少人数でやろうと思ったのですが、現在キャンセル待ちの方が何人かいらっしゃいます。なので!大きめのスタジオを近々予約できれば、人数を増やす予定ですm(_ _)m

みなさんに受けたいと思ってもらえて、嬉しいです。キャン待ちの方優先にはなるのでそれ以上空きが出たら、ウェブサイト(https://www.michellebett.com/workshop)に更新していくので、チェックしてみてくださいね。

では、5/18お待ちしています!

忙しいごっこ

Michelle最近忙しそうだよね、と言われると、「あまり『忙しい、忙しい』と言うの好きじゃないんだけど」とカッコつけてよく言っていますが、よく思い出してみたら…

幼稚園に入る前、の2,3歳頃の記憶…

ポカポカ暖かいお昼過ぎ、兄も父も幼稚園と仕事でいなく、母はキッチンで夕ご飯の準備。

私はその1日もうお人形さんで遊び終わって、お絵かきとかディズニー見るのも飽きちゃって、低いテーブルを前に、「プヒー」と音のなる子供用の椅子に座っていた。

レースのカーテンから入る日の光を浴びながら、暇だなぁとぽけーとしていて。

2階にある父のデスクに座っている想像をしながら、父の真似なのか、

「あー、いそがし、いそがし」と、妄想上の引き出しのファイルをあさる遊びをしていた。左右引き出しがあるので、右と左と体を交互によじりながら、きっと小さかったであろう手をわさわさ動かして。

最近ふとそんなことを思い出して、その真似をしてます。笑 子供って考えることが面白いなぁ。

今忙しいのは幼い頃の願いが叶ったのかも…と思いつつ、バタバタしすぎるとパンクしちゃうので、スローダウンする時間も作らないと…。

IMG_5262 2

(河口湖からの富士山)


さて、下書き途中のブログがいくつかあるけれど、急ぎのものを先の投稿しないと。

レッスンについて!

2 水曜日入門クラス

常に誰でも参加できるオープンなクラスでありたいのに、毎回有難いことに満員でキャンセル待ちがいたりするので、思い切って大きなスタジオへ変更してみました。満員で参加するの諦めていた方、是非これを機会に一緒にトライバルフュージョン初めませんか?ご予約お待ちしています!詳細はこちらを確認してください→ www.michellebett.com/class

秋のハフラ開催決定!

現在月曜日と火曜日に通っている人には既に伝えてありますが、7月中に参加の募集を締め切り、8月から練習&準備をスタートします。

これにより、月火のコンビネーション&振付クラスは、ハフラ参加者のみレッスンに参加できることにしようと思います。レッスンに来たい人を断ることになるのは本当に心苦しくてずっと悩んでいたのですが、毎週のように新規の方や、月に1度のペースで通いたい方を受け入れてしまうと、フォーメーションや振付が先に進めなくなってしまうので、このような決断をしました。

代わりにと言ったらなんですが、水曜日クラスをスタジオ大きくしたので、そちらも検討してみてください!もちろん、月火の前半の基礎クラスは誰でもいつでも参加OKです。

中級振付クラス

参加されたい方がちらほらいらっしゃいます!ありがとうございます。現在7月と9月にあるパーフォマンスに向けた練習をしており、新規生徒の受付を中止しています。またひと段落したら新規も受け入れる予定です。多分、秋のハフラ終わり次第かな…!

レギュラースタジオ変更

9月から月火のスタジオを広くします!詳細はウェブサイトをチェックしてね。

7月後半お休み

7月はレッスンは前半3週のみです。お間違いのないように!Michelleいない間は、宿題がでます。楽しい宿題(のはず)!中級クラスはスタジオにはそのまま来て、みんなで課題をこなしてね。

昨日大阪で買ったお土産、新幹線に忘れて半べそかいていたのですが、東京駅で見つけてもらえました。着払いで送ってもらう!よかった〜。笑