トライバルという呼び方

「トライバル」という言葉の使用について、何年も前から問題視する声が上がっていて、ここ数ヶ月で ITS (Improvisational Tribal Style → Improvisational Team Synchronization) と ATS (American Tribal Style → FatChanceBellyDance Style) へと名前を変えました。

主な理由は、「トライバル(トライブ/部族)」の一員であるという意味は、世界で少数民族の人たちが差別や集団殺害を乗り越えてきた辛い歴史があることであり、それらを経験したことのない人種の人がその単語を安易に使っていけないという考えの人が声をあげたから。(詳しく読みたい人はDonna Mejiaの記事を探してみてね。たくさん調べたり読んだりしたのを完結にまとめたので、それ以外にも細かい理由はあります)

確かに歴史はそうかもしれない。言葉一つで嫌な思いをする人がいるから問題になってるのも分かるし、踊っている全世界のダンサーがハッピーでいてほしいと思う。きっと英語圏で「ATSやトライバルフュージョン踊ってます」と言って、どこの部族の踊り?、アメリカのトライブってどこのこと?や、変な顔されたり、批判されたりしたことも、多々あったんだと思う。

様々な文化からの要素を取り入れたこの踊りは、同じ宗教や共同生活はしていないけれど、ある意味同じ踊りの言語を使い、世界中どこへ行っても仲間が見つけられる。正しい言葉の意味では使っていないけれど、長年そう区別されてきて、今では独自の意味合いを持っていると思う。特に日本語は便利で、外来語をそのままカタカナで使用できる。そんな英語圏外の人たちは、「トライバル」という言葉を、「フュージョン」と繋げることで、新しい意味として捉え、この踊りを示す新しい単語として使用してきたと思う。

 

ITSとATSは名前をもう変えました。私はそれについては、踊りを作った創立者が名前を変更するのは自由だと思うし、たくさんの人をハッピーにさせるために、自分が長年親しんできた名前を変更するのは、本当に辛いだろうし、苦渋の決断だったと思う。

私はATSは以前やっていてそれをベースに持っているけれど、メインでは現在踊ってはいないので、直接的にレッスンなどへの大きな影響はないんだけれど、、

(でも今後新しい名前のファットチャンスベリーダンススタイルの説明を求められた時、英語の熟語で、あり得ない、見込みはない、などの意味で、名前がついたエピソードは…と話すのは正直大変そう。時間があればもちろん話すけれどね!でも毎回そうではない。「ファット」も「チャンス」も誰でも知ってる英単語。熟語を知っている人でも、理由知らないと不思議なネーミングに思うだろう。世界中の英語圏外のダンサーは、この変化にとても困惑している。中国語とかなんて訳すんだろう…。あとは英語圏外の踊りを知らない人が直訳しないか心配。)

、、ATSから派生した、大きな枠組の「トライバルフュージョン」というジャンルの人たちはどうなるのか…。これは設立者も特にいないし、(強いていうなら始めたのはジルパーカーやレイチェルブライスだけれど、世界中のダンサーを取りまとめているわけではない)、みんな独自のスタイルを取り入れて踊っている。

ただのフュージョンベリーダンス?ATSやトライバルの基礎となる踊りを勉強した人も、オリエンタルベースのフュージョンも全て一緒?もちろんどちらも素敵だし、色々な人が独自のスタイルで踊っているのは大好きなんだけど、ベースの違いが分かる人にとってはちょっとざっくりしすぎてような気もする。トライバルフュージョンベリーダンスと、フュージョンベリーダンスを分けて考えていた脳みそには、まだついていけない。

それに、フュージョンベリーダンスと言ったところで、私は何か二つの踊りを融合しているわけではないのももう1つの理由。例えば、フラメンコとベリーダンスを融合して踊っています、とかならまだ分かる。でも私の場合はATSやトライバルの基礎をベースに踊っていて、他の踊りはほとんど習ったことがないのです。インスピレーションは色々なところから受けるけれど!なのでフュージョンベリーダンスという呼び名は、今の私には納得できる呼び方ではない。

 

言葉も文化も必ず変化、発展していくもので、特に言葉は元々の意味から派生されて新しい意味をもった言葉もどんどん出てきていると思う。時代とはそういうことなのだと思う。

そもそも「ベリーダンス」という言葉もフランスで初めて踊りをみた記者が「『お腹の踊り』だ!(+ネガティブな批評)」の偏見から名付けられたものと言われているのに、ここまで広まってきたTFをダメと言い始めたら、どこまで遡るのか。言葉は物事を区別するためにあり、「踊り」と一言でいうとバレエなのか当時ヨーロッパで流行っていた踊りのことなのかも分からないし、ベリーダンスという言葉で表現する必要があった。そして、アメリカ人が独自のスタイルを入れたものにまた新しい区別するための言葉が必要で、トライバルフュージョンベリーダンスという呼び名が作られた。新しい名前を受け入れて進んでいくことはできなかったのか…。それとも変更することが正解で、前進しているのか…。

 

元々トライバルフュージョンやATSはアフリカやアジアの様々な装飾を衣装につけて踊る、その独特のアンティークな雰囲気が好きでこの踊りが好きになった私にしてみれば、その文化出身じゃないと他文化のジュエリーを使うのも駄目と言われてしまいそうな未来が悲しい。クチアクセサリー、アシュート生地、タッセル、見た目が美しくて大事に使ってきたのに…。近代のものしか身に纏っちゃいけなく、音楽も現代のもので他文化のものは使ってはいけないとか言われ始めたら、本当に悲しい。(ちなみに私は日本とアメリカのハーフだけど見た目が白人よりなので、和フュージョンベリーダンス踊って批判されたことがある。自分の文化とは、血なのか、見た目なのか、生まれ育ったところなのか…他文化を好きになってはいけないのか。そもそもその批判してきた方は、日本人がベリーダンス踊っているのは楽しそうに見てましたけど…自分の文化じゃなければいいんかい笑)

踊りに言葉は必要ないから好きなんだけれど、これでまた一つアートに制限がかかって、深い溝が作られてしまったような気もしてしまう。

 

まだまだこれについてはたくさん考えていくけれど、活動していくにあたって決める必要があると思い、自分の師匠とも話をして、日本で活動している私はまだ自分のことをトライバルフュージョンベリーダンサーと名乗ろうと思っています。他に納得できる呼び方を見つけ、名前を変えることに納得ができるまで。

日本には先輩ダンサーたちがたくさんいるし、私のこのブログがどのくらいの影響力があるかは分からない。でも、自分の言葉には責任を持ちたいし、柔軟に違う意見も聞きたいし、いずれは呼び方を変える決断をするかもしれない。そんな中で今思っていることを書いてみました。少しでも世界の状況把握と、あなたはどうしたいかを考えられるように。

 

これを機にレッスン名やグループの名前を変更するダンサーのことも、しないダンサーのことも、私は尊重します。

これをきっかけに、トライバルフュージョンベリーダンスから離れたり、踊るのをやめたりは、しないでください!

私の大好きな踊り。

まだまだ発展させて、広めていきたい。

 

Many of the discussions online are in English, and I believe many Japanese Tribal Fusion Bellydancers are confused, so I have decided to write in Japanese to explain the situation that I know of and my thoughts on this.

I respect any of your choices of change in the name of your dance style, but for now, I’ll continue calling myself a Tribal Fusion Bellydancer, because that makes more sense to me in my culture and country. But I wouldn’t mind if you call me a Fusion Bellydancer or just a Bellydancer or even a Dancer for your country ( :

Spring 2019

お久しぶりです!2019年も、もう1/4終わり、平成が終わり、令和の時代が始まりますね。

去年は突っ走った一年だったので、今年の頭はダンス以外のことに集中する時間を作ることにしていました。新しいことを始め、それも楽しく良い刺激で、ダンスを控えていた分、良い影響を与えてくれそうだなーと思っています。

(今年も桜が見れて、日本人に生まれて幸せを感じられる)


今年もまたダンサーやミュージシャンや衣装屋さんとコラボをしたい一年でもあり、既にいくつか話が決まったり、決行中だったりするので、本当に楽しみ!誰かと作れる作品は、本当に楽しいし、良い勉強になります。

また、ここ2年間クラスを持って教えてきて、ぐんぐん成長してきている生徒が活躍できる場を増やしたいとも思って、また色々と企画も頑張りたいなと思っています!

4/13は去年から依頼を受けている、いつも素敵な衣装をオーダーメイドしてくれる atelier jun×junさん主催イベントのハフラ部門に、生徒2グループ出演しました。来る5/3のTidaさんのハフラにも2グループ出演するので、毎週レッスン後のリハ、みんな頑張ってくれています!楽しみです。

(4/13 ハフラ、ファッションショー、ショーの後!みんな素敵だったよ〜!)

この着ている衣装も、atelier jun×junさんへオーダーしたものです。漠然としたイメージを形にしてくれ、細かいところまで気を使って作ってくれる、素晴らしいデザイナーさんです!ありがとうございました!


私も企画を頑張ろうと、6/29(土)に次回で2回目となる、Tribal Box 2を開催します!

ソロのみのオープンハフラで、場所は同じく新宿 アンタサリ、お昼時に美味しいカレーを食べながらのイベントです。前回も10名のダンサーがパフォーマンスしてくれ、当日の順番はくじ引きで決めました(笑)。人前でソロを踊るのが初めての人や、小さいところで踊るのが慣れていない人もいましたが、みんなのびのびとアットホームな環境で踊ってくれました。お客さんもとっても(!)楽しんでくれ、また今回も楽しみです。

詳しくはこちらをご覧ください:https://www.michellebett.com/show


トライバルを踊っていると、オリエンタルダンサーが頻繁に踊るトルコ料理屋さんなどではあまり踊る機会がありません。ご縁あって踊ることもたまにありますが、ほとんどのレストランがオリエンタルダンサーを求めます(当たり前だけれど笑)。

ですが!今回珍しく赤坂にオープンしたレストラン、FUGA Diningにて踊らさせていただきます!Aliさんありがとうございます!

レストランショー、ましてはソロショーなんて久しぶりすぎて、なんの曲踊ろうか毎日迷っていますが、美味しいご飯食べに、Michelleが自由に踊っているところ見に来てください〜!ご予約は以下のフォームにてできます!


そして東京で主催する5/18の基礎&振付ワークショップが定員となりました!

1ヶ月先という急なスケジュールだったので少人数でやろうと思ったのですが、現在キャンセル待ちの方が何人かいらっしゃいます。なので!大きめのスタジオを近々予約できれば、人数を増やす予定ですm(_ _)m

みなさんに受けたいと思ってもらえて、嬉しいです。キャン待ちの方優先にはなるのでそれ以上空きが出たら、ウェブサイト(https://www.michellebett.com/workshop)に更新していくので、チェックしてみてくださいね。

では、5/18お待ちしています!

失敗

どんなきっかけだとしても、意識の方向を変えると、見えてくるものが変わってくる。失敗したなーと思ったら、それについてブログを書いたらいいという考えに至ったので、書いてみる。

 

私のモットーは、「やるか悩んだことはやる。」

やらない後悔より、やった後の後悔の方が、納得がいくから。

でも、「やらなければよかった」なんて思うことはほとんどないのだけれどね。

どれも次に繋がるはず…なので。

 

失敗や後悔なんて頻繁にしてしまうけれど、最近もまた失敗をした。

その中でも目立った失敗は、人を前にすると軽い言葉で物事を進めてしまうこと。

後から自分の尻拭いをしないといけないことが何度かあったので、気をつけないとと思っていたのに、先日また同じことを繰り返してしまって、失敗。

 

言い訳は、人が好きなので、人を前にするとその人の得になることをする!と言ってしまう性格だから。その時はそれが絶対にできることだと信じているし、嘘はついていない。でもそれが後々考えると本当はできないことだったり、遂行するのが難しいことだったりする。

不可能を可能にする、とかいうカッコいいことはできないけれど、今回はどうにか進めることができそうで良かった。けれど、なんでも軽く「それ楽しそう! OKやろう!」としてしまう性格、気をつけないと…!

32463099_10155349731926781_6048911139436232704_o

(Photo by Maiko Horikoshi)

 

今夜のSPACE TIMEは満員になりました。ありがとうございます!

私はいつも即興で踊りますが、今日は久しぶりに振付&振付アレンジも踊ってみようかと…ドキドキ。

他には、あまり踊ったことのない雰囲気の曲を即興で踊ります。ドキドキ。

予約された方、お待ちしています。

 

明日は渋谷 エルサラーム フェスティバルです!当日券あるそうなので是非!

詳細はこちら:http://festival.el-salaam.com

 

E Dance Academy TV

いつもプライベートを受けてくれる生徒さんに、「先生もっとブログ書いてください、先生について知りたい人たくさんいると思うので!」と熱意を込めて言ってもらったので、まんまと乗っかってみます。

いつも気合入れすぎて(二か国語じゃないと!写真絶対ないと!という固定概念)書くので、頻度多くは書けなかったのです。でも読みたい人がいるのなら、もう少し頻度上げられるように、シンプルにしてみます。書きすぎないのも、お喋りな私にはまた新しいチャレンジ。

*****

(最近目の前で摘んでもらった薔薇の花)

*****

先週は初めてテレビに出ました。きっかけはYouTubeの動画からでした。

これも最近ダンサー友達Hに言われたのですが、Instagramなどに自分のダンス動画をあげてるのは、好きでやっていると思われていたようで!本当はどれもネットにあげないで、全て1人反省会していたい派です。が、このダンススタイルを広めるには、もう今の時代、動画しかないと思ってネット中傷に怯えながらもやっています。(まだまだ広まってないので、みんな基本優しいコメントです。ありがとう)

そんな思いでアップしている動画をEXILEのÜSAさんが見つけてくれて、今回NHKの教育テレビの番組「Eダンスアカデミー」に、ダンス講師として呼んでいただきました。打ち合わせや収録日も上手く合い、ラッキーでした。

限られた時間の中でトライバル感を出すのは難しかったのですが、トライバル独特なアームスの撮影も使ってもらえたので、良かったです。日本の素晴らしい、優しいトライバルダンサー達は許してくれるでしょう。

テレビに出演すること、テレビで踊ることと話すこと、キッズにダンスを教えること、ダンス初心者にダンスを教えること、全て初めてでしたが、本当に良い経験になったし、これでもっと私の大好きなダンスが知られて、楽しんで、踊りたい人が増えますように!

番組制作会社のCrazy TVの大石さんには本当にお世話になりました!トライバル・フュージョンやベリーダンスの歴史もしっかり調べたり聞いてくれたりと勉強をしていただきました。子供たちが楽しめるようにをモットーにしているのが素敵でした。ありがとうございました!

ÜSAさん、TETSUYAさん、キッズのみんな、Crazy TVやNHKの方もありがとうございました!キッズのこれからの上達が楽しみです。

放送観れなかった方は、Instagramにオープニングだけ載せてますので、見てみてください。

(控え室に名前がある!とテンションあがって撮った一枚)

ARTICLE: BELLYDANCE…NOT A REAL DANCE FORM?

Hi! Today, I wanted to translate an article that I’ve read recently about Bellydance to Japanese.

今日は最近読んだベリーダンスに関しての記事を日本語訳してみたいと思います。

http://www.bellymotions.com/is-belly-dance-considered-a-real-dance-form/

 

Title: Belly Dance…NOT a Real Dance Form?

The following is a post by Miss Yesenia, an InstructorDirector of the Belly Motions TEENS Program, and Artistic Director of the RAKettes. 

 

タイトル:ベリーダンス…本物のダンススタイルではない?

この記事はThe Belly Motions TEENS Programのインストラクターとディレクター、そしてRAKettesのアートディレクターであるMiss Yeseniaが書いた記事です。

 

I’ve heard it more than I care to remember— “Belly Dance isn’t a real a dance.” Those who have put their blood, sweat, and tears into learning to Belly Dance are often hurt by this sort of remark. For me, a huge moment of validation came when a ballet/jazz/lyrical teacher decided to take my Belly Dance class. She had trouble keeping up! Yes, her posture and lines were phenomenal and her footwork impeccable, but she couldn’t quite get the hang of the deeply rooted isolations so characteristic of Belly Dance. After class, she apologized to me. “I always thought this would be super easy,” she said. “I’m sorry I didn’t give it the credit it deserves.”

 

「ベリーダンスは本当のダンスではない」という言葉を、何度聞いたか思い出せないくらい聞いたことがあります。血と汗と涙を流しながらベリーダンスを習ってきた人が、このような文章によって傷ついています。でも、バレエやジャズ、リリカルの先生をやっている人が私のベリーダンスのクラスに来た時、私は確信しました。私についてくるのに必死だったのです!彼女の姿勢や身体のラインは素晴らしく、フットワークも欠点がなかったのですが、ベリーダンスの深く、根強いアイソレーションのコツが掴めなかったのです。レッスンの最後に彼女は謝ってきました。「ベリーダンスなんてすごい簡単なものだといつも思っていました。今までそれに値する価値を与えなかったことを悪く思っています。」

 

Amar Gamal was chosen for the New World School of the Arts dance program after auditioning with belly dance

Amar Gamal was chosen for the New World School of the Artsdance program after auditioning with Belly Dance!

Amar Gamalがベリーダンスでオーディションを受けて、New World School of Artsのダンスプログラムに選ばれました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

So why do people (especially dancers) often discredit Belly Dance as a true dance form? In my experience there are two main reasons.

 

ではなぜ人(特にダンサー)はベリーダンスをれっきとしたダンスのスタイルだとせず、低い評価を与えるのでしょうか。私は二つの主な理由を見つけました。

 

One, people see untrained “Belly Dancers” in bars, nightclubs and at private parties.  The “Go-Go Belly Dancers” (often noted by wearing cheap coin outfits and dancing on tables with dollar bills spewing out of their bras) are not representative of a trained dancer…by presentation or skill. These women are usually performing their own made up version of Belly Dance by mixing isolations with Go-Go Dance, and even Reggaeton.  In establishments that allow this type of entertainment, there is rarely a studied professional so passerbys (and dancers alike!) walk away with this misconstrued understanding of what a trained Belly Dancer really looks like.  It’s such a shame.

 

一つ目は、人々がバーやナイトクラブ、プライベートパーティーで、訓練されていない、「ベリーダンサー」のような人を見ているからです。「ゴーゴーベリーダンサー(安物のコインのついた衣装や、ブラに紙幣を挟みながらテーブルの上で踊っていることが多い)」は、プレゼンテーションやスキルを訓練してきたダンサーを代表しているわけではないのです。彼女たちはゴーゴーダンスやレゲトンを、自分の作り上げた想像上でのベリーダンスと混ぜてパフォーマンスしているのです。このようなエンターテイメント業界では勉強しているプロダンサーがいないので、観客は本来の訓練している本来のベリーダンサーを知らずに、間違えて理解してしまうのです。とても残念なことです。

 

Second, people think Belly Dance is easy. The movements look so fluid and effortless…it must be easy.  NOT! Many people don’t realize the level of technique, hard work and precision that goes into achieving those perfect isolations…the body control is exceptional!  In addition, Belly Dance is more than just isolations. There is a TON of footwork —a lot of which we see in ballet. We have arabesques, chasséschainespas de bourrées, grapevines, pirouettespliéstondues, and the list goes on and on. There are many Belly Dancers who execute more footwork and turns than they do isolations. Even more noteworthy is the cultural component of studying Belly Dance.  Trained dancers must learn to identify and dance to Middle Eastern rhythms (there’s over 50!!!)…this can take years and years to accomplish!

 

二つ目は、ベリーダンスが簡単だと思っていること。しなやかで力の入っていないように見える動き…簡単だろうと。それは大きな間違えです!多くの人は、これらの完璧なアイソレーションを実現するために必要な技術やハードワーク、精度のレベルを理解していません…その身体のコントロールすることがどんなに難しいか!それに加えて、ベリーダンスはアイソレーションだけではないのです。たくさんのフットワークもあり、ほとんどはバレエで見るようなものです。アラベスク、シャッセ、シェネ、パドブーレ、グレープバイン、ピルエット、プリエ、タンジュ…と、リストはまだまだ続きます。アイソレーションよりもフットワークやターンの追求をしているベリーダンサーもいます。そしても中でも注目すべきところは、ベリーダンスを勉強するにあたり、文化的な要素も勉強する必要性があるということです。50以上もの中東音楽のリズムを聞き分け、踊る練習を必ずしなくてはならないのです…このゴールを達成するのには何年もかかることがあります!

 

In short, it takes many years of learning discipline, coordination, skill, grace, musicality, and culture to become a skilled Belly Dancer. As one of the oldest known barefoot dances on this planet, Belly Dance (whether modern or traditional) deserves the respect to be valued as a real dance form!

 

要するに、上手なベリーダンサーになるには、学習規律、協調性、スキル、優雅さ、音楽性、そして文化を何年もかけて学びます。地球における最古の裸足で踊るダンスとして、ベリーダンス(モダンなのも伝統的なのも)は本当のダンスフォームとして評価されるべき尊敬に値します!

 

****************************

 

It was an interesting read for me, because I have never encountered a situation where I am told that Bellydance is not a type of dance. This may be due to where I live or whom I meet, because I often perform in front of other Bellydancers.

Also, I believe the dancers that people see may not be the “professional” Bellydancers, but I think any art form can be modified in many ways. I think they should even name it Go-Go-Bellydance, if they created a new style. However, I do understand that there are not many chances for the dancers to educate themselves or the audiences of the styles that they created. The dancers may not even know that they created a new style! Thinking about that, it is difficult to discuss, but hopefully in the future, people will have chances to learn the differences.

私にとって、興味深い記事でした。何故かというと、今までベリーダンスはダンスじゃないと言われたことがないからです。それが私の住んでいる地域だからなのか、会う人の種類なのか…いつも結局ベリーダンサーの前で踊ることが多いですからね。国柄もあるのかな。

あと読んで思ったのは、私はなるべくオープンマインドでいたいなということ。ダンスやアートというのは常に変化するものだと思っていて、プロのベリーダンサーでないにしろ、いろんなベリーダンスがあってもいいのではないかと。例えばゴーゴーベリーダンスって呼ぶなど。でもきっとダンサーは自分が新しいスタイル作ったことに気づいてないかもしれないし、ダンサーも観客も勉強するタイミングがないのかもしれない。言っていたらきりがないけれど、いつか違いなどを知るきっかけに出会えればいいなと思います。

 

あと、ベリーダンスが楽しいってね。

 

Thanks for reading!